パリ、猫カフェ一号店
       

 パリに猫カフェ一号店がオープンして一週間と少し。たまたま、彼の長男が通うスポーツクラブのすぐお隣だったので、月曜日、待ち時間を過ごすのにどうかしら?いいのでは?猫!猫!しばらく触れ合ってない!家では飼えないし。ああ、これからは毎週一時間でも、このカフェで猫達とのふれあいを持てるのね、などと夢を膨らましながら、行ってみました。


 もちろん、彼の長男を柔道に連れてゆくのは私の仕事ではなく、それは彼がするので、私は全然、ついてゆく必要はないのですが。


 次男もいまして。でもかれは柔道はしていないので、連れてゆかないのですが、猫カフェの噂を聞いて、女の子のお友達まで同伴で一緒に行きたがりまして。大人二人、8歳の男女付き、というメンバーで猫カフェの扉を開けました。しかし。


 なんと、完全予約制!本日は満席!メディアで取り上げられすぎて、ものすごく人気の様です。


 来週月曜日の予約をして、小さい子達二人をお家に連れてかえる彼を見送り、私はフツーのカフェに。


f0050806_18165350.jpg

この靴下かわいいでいしょ?


私は別に柔道を終える長男を待っている必要はないのですが、なんとなくカフェでまったり。


ああ、でも、猫カフェ、行きたかったな。


f0050806_18161685.jpg

柔道から出て来る長男君を待ちながら、猫カフェを覗く。空席あるんですけど。しかもガラガラじゃん!なんでなんで?予約していて入ったけれど、がっかりして早々に引き上げた人続出とか?
カフェフロアは地階にもあるようで、そちらの様子はわかりませんが。もしかしたら地階は盛り上がっているのかも知れません。窓辺には下に隠れている猫を激写する男性が。


f0050806_18154958.jpg

正面入り口から。猫カフェなので、もちろん、テラスとかはないですよね。猫逃げちゃうんで。


 来週またリベンジで、レポート致します。


[PR]
# by bio-minamina | 2013-10-01 18:39 | paris / パリ
Chouffe
       
f0050806_22385537.jpg

 東京の方ではもう今週末はお花見なのだそうで。何とも羨ましい。パリはまだ寒いです。日は長くなって来ましたが、本日の最高気温は9℃。そして週間予報ではうんざりすることに、毎日曇り。


 暦の上ではもう春なのですがね。


 私たちはそんな天候に毎日悪態を突きながら、飲んだくれています(笑)なんて。仕事帰りにほぼ毎日通うバーで。一杯のビールの後、家に帰ってご飯、というのが日課。ちなみに彼は家で仕事をしているので、このバーまで私を迎えに来て、一緒に一杯飲んで帰宅、という感じ。彼は外に出るのがこのバー通いだけだったりする日もある、引きこもり仕事魔。さてさて、飲んでいるのはChouffeというベルギーのビール。グラスにはLeffe と書かれていますが、Chouffeのグラスはちょっと形が面白いので、(下の写真をご参照)壊れてしまったのでしょう。いつも、Leffe のグラスでChouffeが出て来ます。


f0050806_2250555.png

 美味しいのです、このChouffeが!生のChouffeを飲めるのはこのバーを含めて私が知っているのは3件のみ。まあ探せばもってあるのでしょうが、そしてこのバーは一番安いので、良く来るのです。25clで3ユーロ。50clで5ユーロ。しかも私たちが行くと黙っていてもChouffeが出て来る!最高です。


 さてさて、今日も一杯!


サイトでお家ようにChouffe買ってみようかな?


[PR]
# by bio-minamina | 2013-03-21 23:10
大西洋を見よう。
       

彼の子供達がバカンス中。フランスでは春休みではなく、冬休み、またはスキー休みと呼ばれているバカンスで2月の後半から3月の前半にかけて、フランス全土が3つのゾーンに別れていて、それぞれのゾーンごとに少しずつ重なりながら少しずつずれる感じで展開してゆきます。


 私たちは、子供達のお母さんが持っている別荘を借りて、そうすることによって子供達は2週間移動なしで別荘に滞在し、大人達が入れ替わる感じで、2週間のバカンスをやりくりしております。大人達は仕事もあるので、彼は仕事も持ち込んで。場所は、ロワール地方のヴァンデ県。大西洋に面した小さな街です。


今週はこの地方の子供達はもう学校に戻り、パリから来ている私たちはまだバカンス中ということで、近所のプールなども比較的空いている感じ。


f0050806_37241.jpg

日曜日の夜ついて、月曜日の午前中に近所の巨大スーパーにお買い物に行きました。


お塩の売り場に感動してしまった私。ものすごい種類の自然塩が!これは海沿いの街だから?それともパリの巨大スーパーにもこんなにたくさんのお塩が並んでいるのかしら?パリでは中心部に住んでいるので、郊外よりの大型スーパーには行かないので分かりません。


それにしても、ハーブ入りや海藻入り、スパイス入りや、ギフト用に綺麗なビンに入っているものなど、ものすごい種類。お値段も高くなく、買い込んでしまいたかったけれど、小さな旅行鞄で来ているので、我慢。


f0050806_374934.jpg

あいにく、お天気は悪いここ数日。パリでは雪が降ったとか。


海辺をお散歩したけれど、寒くて早々に退散。


でもこの海岸、夏にはたくさんの人で賑わうのだとか。海辺にも街の中にも、バカンス用のアパートがたくさんあるし、キャンプ場の看板もたくさん立っています。普段は5000人の街が、夏のバカンスの時期には20万人ものバカンス客で溢れ返るとか。夏には来たくないかも!


今年の夏はトスカーナに行きますよ!天然温泉を楽しんできます!


そして4月後半から5月中旬にかけての復活祭のお休みにはマルセイユに行くことになりました。まさにバカンス中の今、次のバカンスの為のお部屋や電車の手配を済ませたことになります。まったく、バカンスが多すぎて、4人で泊れる貸家を探してメールのやり取りをしたり、、いろいろ手配したり、ちょっとメンドクサイ!


[PR]
# by bio-minamina | 2013-03-13 03:47 | France/フランス国内旅行
パリのお魚屋さん
       
f0050806_1904088.jpg

お魚大好きなので、仕事先のマルシェにお魚屋さんが来る日は、必ずお魚を買ってしまいます。

こちらは常設マルシェのお魚屋さん。冷蔵庫はありません。スタンドに氷を敷き詰めて、そこに直にお魚を陳列しています。

常設マルシェと言っても、屋根が付いているだけで、ほとんど屋外。真冬でも素手で魚を扱うお魚屋さん達に感謝です。彼らはときどき手を温める為に、お湯の入ったバケツに手を入れて暖をとっています。


f0050806_1951033.jpg

私が良く買う、サーモン。お刺身でも食べられます。ここのお魚屋さんは目の前でさばいた切り身を買えるので安心。


f0050806_1983114.jpg

Sole は舌平目の仲間。高級魚。私は一度も買ったことがありません。そんなに惹かれない。その隣にチラット写っているのはLotteの切り身。日本語ではカワメンタイというらしいですが、これはなかなか美味しかった。このLotteのほっぺたの肉のみをたまに売っているのですが、これが好き。鶏肉の唐揚げみたいにして食べるの。お魚嫌いの彼の下の子も、喜んで食べてくれた。



f0050806_1992550.jpg

今日の私の注文のイカの下ごしらえをしてくれている、お魚屋さんのお兄さん達。彼らは兄弟です。2人でするほどの量ではないのだけれど、この日は平日で暇なので、ふざけて。


パリでお魚を買うときは、下ごしらえをしっかりしてもらえるのも嬉しい。でも、自分でできるなら、3枚降ろしなどは自分でするのが絶対オススメです。彼らのお魚のさばき方テクニックは、日本のそれとは大違い。身がかなり厚めに付いた中骨の部分をみると心が痛みます。私はでも時間がないときなどは鯛なども3枚おろしにしてもらいますがね。何せ楽チン。


彼らの後ろに見えているのが、私の働くチーズスタンド。そうお魚屋さんの目の前なのです。


f0050806_1910719.jpg

 ある日のお昼ご飯。水菜と人参の玄米ちらし寿司とサーモンと鯛のお刺身。


 ふーちゃんはワサビ大好き。私の倍くらい使います。





[PR]
# by bio-minamina | 2013-02-21 19:39 | Je mange / 食べる
1000年代と2000年代の折り紙
       
f0050806_1932352.jpg

最近の彼の子供達の流行は折り紙。バルセロナ行きの飛行機の中で私がツルを折ってあげたのに始まり、インターネットで検索してカエルをおったり、最近ではフランス語の折り紙の本を買って、でもそれを見ながら子供達だけで折るのはどうも難しいらしく、パパの家に来る度に、折り紙しよう!とせがんで来る。なので子供達が家に来る夜は、みんなで折り紙大会。


 この日はみんなでクジャクを折った。


 子供達の発言もなかなか楽しい。


 彼らは2003年と2005年生まれ。この間2005年生まれの下の子が、僕たちは2000年代生まれでしょ、でパパと美波は1000年代生まれでしょーとか言っている。


「ちょっと待って!1000年代?どうしてそうなる?」


1000年単位でくくるな!せめて100年単位でくくってよ!


折り紙もねぇ、折ったもの全部飾りたがるから、本棚の本の前の小さな隙間も折り紙だらけだし、壁にも折り紙のお魚さんが泳いでいるし、もう場所がないんですけど!


でもいいや、かわいいから。許す!


[PR]
# by bio-minamina | 2013-02-14 19:45 | Enfants/彼の子供たち
簡単!タルティフレットを作る、の巻!
       

2年ほど前からチーズ屋さんで働いているのですが、あまり家ではチーズって食べないし、チーズ料理もしないのです。

 今一緒に暮らしている彼が太るのを気にするのと、彼はフランス人なのでもうチーズは腐るほど食べて来たぜ、みたいな感じで、私の適当に作る日本料理がお好み。


 でもでも、たまには私も新しい料理に挑戦してみたいし、ということで、とある月曜日のお昼、友人を招いていたこともあり、ルブロション Reblochonというサヴォア地方のチーズ450グラムを丸ごと使った、グラタン、タルティフレット Tartiflette を作ってみました。


すっごく簡単で、日本でも手に入るチーズではないかと思うので、写真とともに作り方も紹介してしまいます。



f0050806_4184891.jpg

これがその、ルブロション Reblochon。私のところではこのルブロションを扱っています。一個丸々か、半分に切って売っています。冬の間はたいへん良く売れるチーズの一つかな。


f0050806_4195016.jpg

 具は、皮ごとゆでたあと、皮をむいて食べ易い大きさに切ったジャガイモ、(メークインなどの煮崩れしないもの)タマネギ2つくらい。ニンニク、ベーコン200グラムです。まずタマネギを少なめのオイルでじっくり炒め、そこにベーコンと細かく刻んだニンニクを加えます。ベーコンに火が通ったら、用意しておいたジャガイモを入れて,ジャガイモにベーコンのうまみが行き渡るように軽く混ぜて火を止めます。塩は入れません。ジャガイモをゆでるときに少し入れるけれど。胡椒は、粗挽きをお好みで。


f0050806_4204043.jpg

 さてさて、ルブロション は こんな感じ。もちろん皮も使います。ただ、中央に緑色のスタンプが押してあるので、そこだけは取りましょう。そこを取り忘れると、着色料入りのタルティフレットを食べることになってしまいます。


f0050806_4212017.jpg

ルブロションの切り方は、こんな感じ。最終的には厚さが半分になるように切ります。


f0050806_4215272.jpg

 グラタン皿には、特にバターなど塗る必要はありません。中身が十分脂っこいので。さて、まず、具を半分、そして、ルブロションを半分入れ、さらに残りの具、最後にルブロションという順番で
グラタン皿を一杯にしましょう。この写真はまだ半分の具と残りのルブロションを入れる前の物です。最後にのせるルブロションは皮が上に来るようにのせると良いでしょう。パリパリに焼けた皮が、何と言っても美味しいのです!


f0050806_4223849.jpg

オーブン200度で30分くらい焼きましょう。ルブロションがトロトロに溶けて、ホワイトソースを入れたかのような感じに!

ここはもう、カロリーなど気にせずに豪快にいただきましょう!


f0050806_4233394.jpg

ふーちゃんこと私の彼曰く、これ白ワインないと食べれないでしょう。


いや、お昼だし私少し風邪気味なのでワインはいいや。


友人のサンドリンも、夕方からジムで筋トレの予定があったので、アルコールはパス。


でもふーちゃん、分かる、その気持ち。タルティフレットには白ワインだよね!


でもまあ、ワインなしでも美味しく頂きました。サラダも必須かな。かなり脂っこいので。
パンはいらないかも、ジャガイモだから。


実はこの少し前に、とある友人の家でラクレットというチーズ料理を頂いて来たのですが、このラクレットも、チーズの種類は変われど、ジャガイモと、ハム類、という単純な具は変わらない。フランスの田舎料理って、チーズとジャガイモとハムだけ?


[PR]
# by bio-minamina | 2013-02-12 04:59 | Je mange / 食べる
paris の空気を!
       

私のもうひとつのブログ、「さらは」とはネタを分けて、
パリ情報、パリからの空気を感じられるお話は
こちらに掲載してゆくことにしました。
しばらく更新していなかったこのブログですが、
「さらは」を始める前からパリで出会ったいろいろなことを
書き溜めていたブログなので。


「さらは」のブログからもリンクを貼ったり、fecebookでも更新情報を
随時UPしてゆく積もりですが、
皆さんの方でもブックマークをよろしくお願い致します。


f0050806_2153597.jpg

もしかして初めましての方に簡単な自己紹介



2003年11月よりパリに暮らす。
2011年11月、チュニジア人の夫と将来の方向性の違いを認め円満離婚し、
現在フランス人のパートナーと愛に満ちた生活を送る(?)
彼には2人の男の子がいるので、(もうすぐ10歳と8歳)
週末やバカンスの時期はにぎやか。
自分の子供が欲しいのか悩む、37歳。

ちなみにこの写真は、
今年の年末年始に彼らとバルセロナに旅行に行ったときのもの。

しばらくの間このページをトップページと
させていただいております。
新しい記事はこのページの下に来ることになります。
[PR]
# by bio-minamina | 2012-12-31 20:48 | paris / パリ
階段小路の子供たち
       
f0050806_502618.jpg

 大好きなモンマルトルの丘の裏に住んでいるので、(まあ、いろいろ問題のあるアパートではあるのだけれど)毎日のお散歩が楽しみのひとつ。たくさんの階段小路のあるカルチエだし・・・。

 夕方、7時ころではあったのだけれど、まだまだ明るいので、子供たちが遊んでいます。目立つカメラを首から提げていたので、「ねえ、写真とってよ」、と寄ってきた男の子たち。
 せっかくだから交流してみようと思い、いろいろお話してみました。漫画に興味があるようで、「NARUTO」「グリーンピース」などなど、日本の漫画、アニメの話がポンポン飛び出します。

 「どこに住んでるの?まあ、この辺だよね」と聞くと、「バルベス」というお返事。パリ一学力レベルの低いと噂される、バルベスの公立学校に通っているんですね、この子達。


f0050806_51759.jpg

[PR]
# by bio-minamina | 2008-06-28 04:58 | paris / パリ
駄目、それ僕の!
       
f0050806_36246.jpg

真昼間はこのごろ本気で夏なパリ。我が家は日の当たりが悪いので、昼間でも涼しくすごせているが・・・。

 なので日中部屋でパソコン仕事などをして、夕方6時過ぎから夕飯の買い物やお散歩に出ることになる。我が家の晩御飯は夜9時過ぎ。だって帰ってこないんだものー。

 今日お散歩しているときに、道端に本が捨てられているのを発見!何か面白そうなのないかなーと見ていたら、小さな男の子が、「 Non ! c'est a moi 」と抗議してきた。「そっかーこれ君のなんだー。ちょっと見せて、」


[PR]
# by bio-minamina | 2008-06-27 03:05 | paris / パリ
ランジェ公爵夫人
        f0050806_026293.jpg

岩波ホールで上映中のリヴェットの新作、「ランジェ公爵夫人」を友人と観にいってきた。
主演のジャンヌ・バリバールの演技がとっても良かった。コケットリーをあんな風に完璧に演れるなんて。

 バルザックの小説は無駄が多くて、せっかちな私には読むのがとても疲れるからあまり好きではないのだけれど、読んでから観て良かった。
リヴェットは、ほぼ完璧に、あの小説世界を再現していたと思う。 さすがだ。やっぱりリヴェット好き。

ただ、13人組が10人だったのには何か意味があるのかしら?多分ないな。

 久しぶりの更新になってしまいましたが、もうひとつのblogでは、毎日のように更新しているのです。日本滞在中に、「アウト・ワン」すべてを観れたことについてもそちらに書いたのでした。本来でしたら、こちらに書くべきでしたが・・・。

out1 アウト・ワン

ついに、「out 1」の全貌が明らかになる


 今後は、面倒くさがらず、フランス関係のことはこちらのblogに書くことに統一しようかな。


[PR]
# by bio-minamina | 2008-05-10 00:25 | cinema / 映画
VICTOR ERICE/ ABBAS KIAROSTAMI
        f0050806_8494772.jpg

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
新年のご挨拶が遅くなりました。


 今日は、とっても久しぶりに、ミュゼに行ってまいりました。今日が最終日の展示がありまして、これはどうしても観ておかなくては!と思っていたので、慌てて行って参りました。


「ビクトル・エリセ/アッバス・キアロスタミ」展です。
彼らの友情やら同い年であるということやら、作品に子供の目線が使われているという共通性(「ミツバチのささやき」と「友達のうちはどこ?」の抜粋を隣り合わせでおんなじスクリーン上に同時に流す、という私にはあまり感心できない研究成果?も披露されていたけれど)を語ることには、あまり意義がないじゃない!やっぱり。ということを、確認するための展示会であったなぁ、というのが簡単な感想かな。


でも、だからといって、展示会がつまらなかったわけではなく、とっても楽しかったのです。だって、エリセもキアロスタミも、私の大好きな映画作家です。面白くないわけがないのです。


彼ら二人の、「ビデオ版往復書簡」の上映、というのが、この展覧会のメインで、それがとても面白かったので私は続けて2回観てしまったのだけれど、この「往復書簡」はもちろん、彼らのプライベートなやり取りでは全然なく、はじめから観客に見られることを想定して作られているもの。


ここから、ネタバレも多々入ります。彼らの映像を新鮮に観たいという方は、読まないでくださいね


これをみるとまず、彼らの友情は、どちらかというと、エリセが、キアロスタミを、(というか「ともだちの家はどこ?」を) 発見してしまった!というところから始まったのだなぁ、ということが想像できる。そしてそれは、私たち、欧米、日本などの先進国の人間が、イランという未知の国の「ともだちの家はどこ?」というすばらしい映画を発見してしまった!という体験とまったく同じものであったので、ビデオレターの中でエリセのとる行為 (小学生たちに「ともだちの家はどこ?」のビデオを見せて、授業の教材として使う、スペインの羊飼いの男に、キアロスタミの撮ったイランの羊飼いの男の映像を見せる、など、自分の感動を他の人にも伝える、という行為)
にものすごく共感し、親近感を覚える。


 対してキアロスタミは、「撮る」という行為への固執から逃れようとしない。そして彼が撮ってくるものは、息を呑むほど美しいのだ。(牛の肌、羊飼いの映像、雨の日の写真などなど、それはもう、本当に美しい! ああ、もっと良いプロジェクターで見たかった・・・。上の写真にある映像は、羊飼いの映像の一部が、展覧会会場外のパネルに使われていたのでカメラを向けたものです。)


 エリセは、そこに物語を付け加える。彼がスペインのとある島からビンに入れて海に流したキアロスタミへの手紙は、この往復書簡を物語りに仕立てようというエリセの作戦だ。


 答えるキアロスタミの映像のすばらしいこと!(イランの海の男たちのコメディー)彼は私たちが、未知の世界の物語を望んでいることをちゃんと知っているのだ。





あーなんだか中途半端だけれど、ここで息切れ。
もっとちゃんと頭の中を整理すれば、まともなレポートっぽくなりそうなんだけれどなぁ。

この往復書簡見た人と、お酒でも飲みながら熱く語り合いたいわ!


[PR]
# by bio-minamina | 2008-01-07 08:47 | musee / 美術
日記のバックナンバーはこちらから
       
2003年10月から、2004年12月
2005年1月から12月
[PR]
# by bio-minamina | 2007-12-31 23:59
雨の季節・・・
        f0050806_314618.jpg

たいへんお久しぶりの更新になってしまいました。もひとつのブログ、「さらは」の店長日記のほうは、毎日更新しているのですが・・・。今のところ、毎日パリから更新しておりますので、
パリ好きの皆様、こちらも是非覗いてみてくださいませ。


チュニジア雑貨「さらは」の店長日記


今日は、パリのマレ地区をぶらぶらとお散歩しておりましたら、急に雨が降ってきてしまいましたので、あわてて、BHVに駆け込みました。この写真は、BHVの入り口。雨の中急ぎ足で駆け込んでくる人のなか、小さなお客様。クリスマスを前ににぎやかな店内を覗く彼ですが、ママの足は店内には向かず、彼はとても残念そうに立ち去って行きました。


[PR]
# by bio-minamina | 2007-12-07 03:12 | paris / パリ
ARTISANS DU MONDE
        f0050806_6455445.jpg

 昨日、用事があってパリ9区、パリの北、モンマルトルの丘に向かって道が上り坂になっているあたりの商店街(?rue de Rochechouart)を通った時、運命的に出会ってしまった(大げさか!)フェア・トレード雑貨のお店。
 NPO法人が運営しているというだけあって、お値段が良心的。なんとお店番の女性たちは、ボランティアなのだという。毎日数人のボランティアが交代で仕事をしているのだそうで、私がいったときも、3人の女性が、おしゃべりをしながら、楽しそうに品出しや値段付けなどの仕事をしていた。



f0050806_6461926.jpg

 欲しいものがたくさんあったのだけれど、いろいろ我慢をして選んだこの3点。一点は勧められるままにプレゼント用に包装していただいた。自分で使ってしまうけれど、多分。フェア・トレードでオーガニックのスイス産チョコレート(カカオは、ボリビア、ドミニク共和国、フィリピンの小さな農家から購入、と書いてあった)とブルキナ・ファソの乾燥マンゴー。
 こういった食品類は、パリのどのbioのお店で買うよりも安い値段設定で、ここは使える!と思った。早速味見したところ、両方とも美味しかったし!



f0050806_647116.jpg

 お家に帰ってきて、早速このアソシアシオンのHPを見てみたら、フランス中に200店以上のブティックを持っていて、パリだけでも6店舗もあることが分かった。
 なんと、パリ20区、家から歩いて10分のところにも一店舗発見。うれしくなって、さっそく、その日の内にお散歩ついでに行ってみて、またお買い物。
 9区のお店で買って、プレゼント用に包装してもらったのと同じ種類の、タイ産のポーチ。4ユーロ。先に買ったのは大きなサイズで、7ユーロだった。かわいいでしょ。



ARTISANS DU MONDE


Solidar MONDE


[PR]
# by bio-minamina | 2007-10-10 06:44 | emplette / 買物
お昼寝に行っています・・・。
        f0050806_372452.jpg

 明日、友人たちと夕ごはんを食べる予定で、一応予約を・・・と思い、友人おすすめのビストロの前を通りかかってみた。家の近所でもあったし・・・。


 が、なんともかわいらしい文章の黒板が入口の前に置かれ、お店は夜の開店前で閉まっていた。
電話番号をチェックして、まあ、明日のお昼にでも電話すればいいか。


 それにしても、お昼寝に行っています・・・なんて、正直でかわいらしい書きだしだわ。丁寧に書かれた筆記からも、お味のほうも期待できそうではないか!


[PR]
# by bio-minamina | 2007-09-25 03:12 | Je mange / 食べる
  



      ・・・・・・
by bio-minamina
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30