パリのお魚屋さん
       
f0050806_1904088.jpg

お魚大好きなので、仕事先のマルシェにお魚屋さんが来る日は、必ずお魚を買ってしまいます。

こちらは常設マルシェのお魚屋さん。冷蔵庫はありません。スタンドに氷を敷き詰めて、そこに直にお魚を陳列しています。

常設マルシェと言っても、屋根が付いているだけで、ほとんど屋外。真冬でも素手で魚を扱うお魚屋さん達に感謝です。彼らはときどき手を温める為に、お湯の入ったバケツに手を入れて暖をとっています。


f0050806_1951033.jpg

私が良く買う、サーモン。お刺身でも食べられます。ここのお魚屋さんは目の前でさばいた切り身を買えるので安心。


f0050806_1983114.jpg

Sole は舌平目の仲間。高級魚。私は一度も買ったことがありません。そんなに惹かれない。その隣にチラット写っているのはLotteの切り身。日本語ではカワメンタイというらしいですが、これはなかなか美味しかった。このLotteのほっぺたの肉のみをたまに売っているのですが、これが好き。鶏肉の唐揚げみたいにして食べるの。お魚嫌いの彼の下の子も、喜んで食べてくれた。



f0050806_1992550.jpg

今日の私の注文のイカの下ごしらえをしてくれている、お魚屋さんのお兄さん達。彼らは兄弟です。2人でするほどの量ではないのだけれど、この日は平日で暇なので、ふざけて。


パリでお魚を買うときは、下ごしらえをしっかりしてもらえるのも嬉しい。でも、自分でできるなら、3枚降ろしなどは自分でするのが絶対オススメです。彼らのお魚のさばき方テクニックは、日本のそれとは大違い。身がかなり厚めに付いた中骨の部分をみると心が痛みます。私はでも時間がないときなどは鯛なども3枚おろしにしてもらいますがね。何せ楽チン。


彼らの後ろに見えているのが、私の働くチーズスタンド。そうお魚屋さんの目の前なのです。


f0050806_1910719.jpg

 ある日のお昼ご飯。水菜と人参の玄米ちらし寿司とサーモンと鯛のお刺身。


 ふーちゃんはワサビ大好き。私の倍くらい使います。





[PR]
by bio-minamina | 2013-02-21 19:39 | Je mange / 食べる
  
<< 大西洋を見よう。 1000年代と2000年代の折り紙 >>



      ・・・・・・
by bio-minamina
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31