カテゴリ:musee / 美術( 6 )
       
VICTOR ERICE/ ABBAS KIAROSTAMI
        f0050806_8494772.jpg

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
新年のご挨拶が遅くなりました。


 今日は、とっても久しぶりに、ミュゼに行ってまいりました。今日が最終日の展示がありまして、これはどうしても観ておかなくては!と思っていたので、慌てて行って参りました。


「ビクトル・エリセ/アッバス・キアロスタミ」展です。
彼らの友情やら同い年であるということやら、作品に子供の目線が使われているという共通性(「ミツバチのささやき」と「友達のうちはどこ?」の抜粋を隣り合わせでおんなじスクリーン上に同時に流す、という私にはあまり感心できない研究成果?も披露されていたけれど)を語ることには、あまり意義がないじゃない!やっぱり。ということを、確認するための展示会であったなぁ、というのが簡単な感想かな。


でも、だからといって、展示会がつまらなかったわけではなく、とっても楽しかったのです。だって、エリセもキアロスタミも、私の大好きな映画作家です。面白くないわけがないのです。


彼ら二人の、「ビデオ版往復書簡」の上映、というのが、この展覧会のメインで、それがとても面白かったので私は続けて2回観てしまったのだけれど、この「往復書簡」はもちろん、彼らのプライベートなやり取りでは全然なく、はじめから観客に見られることを想定して作られているもの。


ここから、ネタバレも多々入ります。彼らの映像を新鮮に観たいという方は、読まないでくださいね


これをみるとまず、彼らの友情は、どちらかというと、エリセが、キアロスタミを、(というか「ともだちの家はどこ?」を) 発見してしまった!というところから始まったのだなぁ、ということが想像できる。そしてそれは、私たち、欧米、日本などの先進国の人間が、イランという未知の国の「ともだちの家はどこ?」というすばらしい映画を発見してしまった!という体験とまったく同じものであったので、ビデオレターの中でエリセのとる行為 (小学生たちに「ともだちの家はどこ?」のビデオを見せて、授業の教材として使う、スペインの羊飼いの男に、キアロスタミの撮ったイランの羊飼いの男の映像を見せる、など、自分の感動を他の人にも伝える、という行為)
にものすごく共感し、親近感を覚える。


 対してキアロスタミは、「撮る」という行為への固執から逃れようとしない。そして彼が撮ってくるものは、息を呑むほど美しいのだ。(牛の肌、羊飼いの映像、雨の日の写真などなど、それはもう、本当に美しい! ああ、もっと良いプロジェクターで見たかった・・・。上の写真にある映像は、羊飼いの映像の一部が、展覧会会場外のパネルに使われていたのでカメラを向けたものです。)


 エリセは、そこに物語を付け加える。彼がスペインのとある島からビンに入れて海に流したキアロスタミへの手紙は、この往復書簡を物語りに仕立てようというエリセの作戦だ。


 答えるキアロスタミの映像のすばらしいこと!(イランの海の男たちのコメディー)彼は私たちが、未知の世界の物語を望んでいることをちゃんと知っているのだ。





あーなんだか中途半端だけれど、ここで息切れ。
もっとちゃんと頭の中を整理すれば、まともなレポートっぽくなりそうなんだけれどなぁ。

この往復書簡見た人と、お酒でも飲みながら熱く語り合いたいわ!


[PR]
by bio-minamina | 2008-01-07 08:47 | musee / 美術
2007年2月5日(月) DOISNEAU
        f0050806_916339.jpg

パリ市庁舎で開催されているロベール・ドアノーの写真展が、もうすぐお仕舞いになってしまうので、あわてて見に行った。

 うーん、同じパリを取った写真家でも、ウィリー・ロニとか、ブラッサイが好きかも。ドアノーの写真は、すべてが絵になりすぎていて、少し気持ち悪い。「パリ市庁舎前のキス」のように、すべてがやらせなんじゃないかと思えてしまう。

 昨日は眠かったのでここまで書いて寝てしまったが、今回のドアノーの写真展が気に入らなかったのは、ドアノーのパリ写真ばかりを選んで展示した、というその方法によるものであったと思う。彼の写真集で「ジャック・プレヴェール通り」というのがあるがこれが私は大好きだし、他にも何枚か、好きな写真もあることにはあるのだ。でも今回の写真展は、これでもか、これでもか、と量を競うようにドアノーのパリ写真を並べ立て、私はうんざりさせられてしまったのだと思う。これだったら、図書館にいって、ドアノーオリジナル編集か、初版本の彼の写真集をながめていたほうが、ずっと、アーティスティックなステキな午後になっただろうに。


[PR]
by bio-minamina | 2007-02-05 09:13 | musee / 美術
quai Branly
        f0050806_10163374.jpg

 心待ちにしていたミュゼのオープン!『ケ・ブランリー美術館』

このネーミングは通りの名前から取られたものだけれど、ミュゼの内容はというと、アフリカ、アジア、オセアニア、アメリカの、民芸博物館といったところだ。プリミティヴアートを観ていると体に響いてくるものがたくさんある。だからこの新博物館を、いち早く訪れて見た。しかもオープン記念で無料だった!


し・か・し・・・。

f0050806_1017012.jpg


どうもスッキリしない。どうも気に入らない、のである。

 建築物として外部から見たときは、面白いなぁ、ステキだなぁ、と思えたものの、展示室の照明の暗さ加減や、床の素材、張りぼてのような壁とベンチ・・・気になる・・・。展示物に集中できない!

 ああ、昔のアフリカ・オセアニア民族博物館のほうが断然ステキだったのになぁ、と少しがっかり。

まだ続く・・・

アフリカ・オセアニア民族博物館 資料

 

            



[PR]
by bio-minamina | 2006-06-27 23:14 | musee / 美術
訂正! Willy Ronis展 5月27日まで!
        f0050806_4254887.jpg

 以前、3月27日まで延期になっていたと書いてしまいました、パリの市庁舎で開催されているWilly Ronis展ですが、5月27日までの間違いでした。失礼致しました。Mars(3月)とMai(5月)を読み間違えたのでした。情けない・・・。それにしても随分延長されましたね。当初は2月後半までの予定だったのですよ。よほど人気があったということでしょう。


 2006年3月9日(木)  Willy Ronis

 私もその後もう一度足を運びじっくりと観ることが出来ましたが、やはりとても良い展示でした。特に、今年95歳になられるという本人が登場する2本の映像がそれぞれに心温まるもので、見る価値大いにありです。まだまだ時間がありますので、皆さんも是非足を運んで見てくださいね。


 パリ市のサイト、Willy Ronis展について


[PR]
by bio-minamina | 2006-03-21 21:38 | musee / 美術
2006年3月9日(木)  Willy Ronis
        f0050806_10541210.jpg

 とても充実した午後。写真展も見ちゃったし、本も買ったし、映画も観ちゃった。
だから疲れて眠い。

 そう、パリ市庁舎で3月2日から始まった展覧会、『paris au cinéma』を観にいこうと思ったら、なんと、終わったと思って本当にがっかりしていた『Willy Ronis』展が、3月27日までに延期になっていた!一ヶ月の延期なんて、さすがに人気があっただけあるわ。私は、あまりの行列に、数回ほど出直しながら、それでもまだ見れていなかったのだ。本当に何時行ってもたくさんの人が列をなして入場を待っていて、寒い中で待つ根気がなかったものだから、そう、寒い中といえば、パリ市の発行している無料季刊誌『à paris』に読者の投稿という形で、雪空の下で『Willy Ronis』展の入場待ちをしている人々の写真が掲載されていた。

 まあ、そんなこんなで彼の写真を見始めたのだけれど、彼がユダヤ人だったということも、95歳の記念ということで企画された展覧会だったということも、私は知らなかった。そして、写真をすべて見終わる前に、しかもarteの制作した彼のインタビュー映像をも途中までの状態で、夜7時の閉館時間になって、追い出されてしまった。

 不完全燃焼!

 くそう!まだ機会はあるにしても、この今の物足りなさをどうしてくれるぅ!

 映画だ。何でもいいから映画を観にいこう!


 『Willy Ronis』展について訂正アリ


[PR]
by bio-minamina | 2006-03-09 22:53 | musee / 美術
2006年3月5日(日) le premier anniversaire de・・・
         

友人の紹介で、ユダヤ人の二人(姉と弟、もしくは兄と妹)が進めているアートプロジェクトにちょこっと参加させてもらった。(説明はまたキチンと別の機会に・・・)ほんの短い間、彼らとほんの少し話をして、いろいろ考えさせられたこと・・・

私がアウシュヴィツに行ったことを話すと、興味を持ってくれた彼ら。一人で行ったんですけど、夏で、・・・。「あっ、ダメよ、あそこは冬に行かなくては、本当の彼らの辛さが分からないわ。」

 『レナの約束』という本の話。レナというそのユダヤ女性は、アウシュビツから生還している。「生還したのね、じゃあいいじゃない!」

 さらっと出てくる、聞き流してもよさそうなそれらの言葉を、私は聞き逃すことができなかった。


 この日は、私たちの一周年の結婚記念日だったのだが、友人も招いての夕食の最中も、私の頭の中はユダヤ人を取り巻く歴史についてで頭が一杯。

 私にとってのとりあえずの目標は、一番身近な夫に、ユダヤ人強制収容所とその被害について、きちんと理解させること。彼はいまいちチンプンカンプンなことを言っている。

 そこでまた考えてしまうのは、この世界には、彼のような、いやそれ以下に無理解な人がたくさんいるであろうこと。それがどんなに恐ろしいことであるかということ・・・。

f0050806_22213685.jpg


 

 2004年夏、アウシュヴィツ訪問記




 ビルケナウで。監視台を描いている女性。


[PR]
by bio-minamina | 2006-03-05 22:16 | musee / 美術
  



      ・・・・・・
by bio-minamina
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31