2006年3月2日(木)  Il etait・・・
        f0050806_21112756.jpg

 毎朝通るパン屋の脇に、テントを張って生活しているおじさんがいた。大きな黒いマスティフ犬と一緒に。

 最近見ないなぁ、と思って近所のレストランでその話をすると、この間亡くなったのよ、という。もともと心臓が弱くて、この寒さで肺炎もこじらせて病院に収容されたのだが、その10日後に病院で息を引きとったのだと言う。陽気でいい人だった、かわいそうにねぇ。

 彼のテントはまだそのままで、パン屋の脇の壁には、彼を偲ぶ詩や言葉が・・・。その中の一枚に、3月3日の夜、彼を偲ぶセレモニーをやろう、という呼びかけも・・・。

 一日一日と、壁に供えられた花が増えていき、ああ彼は、ここの真の住人だったのだなぁと、私も寂しさを募らせる。


[PR]
by bio-minamina | 2006-03-02 21:07
  
<< 2006年3月3日(金)  e... 2006年3月1日(水)  l... >>



      ・・・・・・
by bio-minamina
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31