人気ブログランキング |
<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
       
2007年2月23日(金) Saint-Rémy-de-Provence
        2007年2月23日(金) Saint-Rémy-de-Provence_f0050806_415895.jpg

 この間の日曜日に友人たちが持ってきてくれたワインの空ボトルを、捨てないで取っておいたのだった。写真を撮ったから、もう捨てても良し。

 このワインを選んだのはね、サン・レミのワインだったから。それにbioだよ。彼女はプロヴァンス地方出身の根っからのフランス人。一緒に暮らしている彼はチュニジア人で、両親にはものすごく反対されているらしい。まあその話は今回は置いておくとして、ワインを選ぶときに、産地にこだわるのはもちろんだが、サン・レミとか、そこまで細かく気にしたことはあまりなかったなぁと反省した私。

サン・レミって、いいところだよーから始まって、南仏の話で盛り上がった。まあ、私は南仏に行ったことがないので、行ってみたーい!をひたすら連発。じゃあさ、今年の夏は、南仏を2週間くらいかけてじっくり見て、そのあとマルセイユからチュニジアに飛べば?うーん、いい案!あとは予算の問題ね。

 サン・レミって、ゴッホの入院していた精神病院があるんだって、あとで日本語のフランスガイドで見つけた。


by bio-minamina | 2007-02-24 04:02
2007年2月15日(木) St-Germain des Pres
        2007年2月15日(木) St-Germain des Pres_f0050806_882071.jpg

 晴れ!快晴!まぶしい!

今年のパリの冬は、本当に変な暖冬だったけれど・・・けれど・・・って、まだ終わったわけではないのよね。えっ?でももう春っぽいよ!

 そう、今日は本当に良いお天気で、だから、仕事は山のようにあるのに投げ出して、パリをお散歩してしまいました。

96番のバスに乗って。この路線。今のところ私の大のお気に入り。私の住むガンベッタ通り近くから、メニルモンタン通りをくだり、オペルカンプ界隈を横切り、大好きなマレ地区を通り、セーヌ河を渡り、シテ島、さらにセーヌ河、そしてここも私のお気に入り、サン・ミッシェル、オデオン、サン・ジェルマン・デ・プレへと続きます。

2007年2月15日(木) St-Germain des Pres_f0050806_885615.jpg

 お散歩はお散歩でも、用事を済ませるのも忘れずに。そう、行きつけの安い薬屋さんで、チュニジアに住む夫の母に頼まれたものを買って、郵便局から送りました。

そろそろ髪の毛切らなくちゃ、と思いながら歩いていたら、かわいい美容院をみつけました。はさみの看板もなんとかわいらしい!でも、ダメ。フランス人には切らせない!一度ひどい目にあったことがあるから。いつもの方に、お願いしなくちゃ。


by bio-minamina | 2007-02-16 08:23 | paris / パリ
2007年2月5日(月) DOISNEAU
        2007年2月5日(月) DOISNEAU_f0050806_916339.jpg

パリ市庁舎で開催されているロベール・ドアノーの写真展が、もうすぐお仕舞いになってしまうので、あわてて見に行った。

 うーん、同じパリを取った写真家でも、ウィリー・ロニとか、ブラッサイが好きかも。ドアノーの写真は、すべてが絵になりすぎていて、少し気持ち悪い。「パリ市庁舎前のキス」のように、すべてがやらせなんじゃないかと思えてしまう。

 昨日は眠かったのでここまで書いて寝てしまったが、今回のドアノーの写真展が気に入らなかったのは、ドアノーのパリ写真ばかりを選んで展示した、というその方法によるものであったと思う。彼の写真集で「ジャック・プレヴェール通り」というのがあるがこれが私は大好きだし、他にも何枚か、好きな写真もあることにはあるのだ。でも今回の写真展は、これでもか、これでもか、と量を競うようにドアノーのパリ写真を並べ立て、私はうんざりさせられてしまったのだと思う。これだったら、図書館にいって、ドアノーオリジナル編集か、初版本の彼の写真集をながめていたほうが、ずっと、アーティスティックなステキな午後になっただろうに。


by bio-minamina | 2007-02-05 09:13 | musee / 美術
Cannolo
        Cannolo_f0050806_6274222.jpg

 ガンベッタ駅近くのピレネー通り商店街は、わたしのお昼ごはん前の散歩道。最近ほぼ毎日、メニルモンタン付近で朝、用事を済ませて、メトロに乗らず歩いて家までもどるという、お散歩運動を実行している。そしてお腹をすかせて家に帰って、お昼ごはんを食べるというわけ。毎日、メニルモンタン通りの坂道をよっこらどっこら登りながら、お昼には何を食べようかなーなんて考えている。カフェで一人ご飯はあんまりしない。

Cannolo_f0050806_6283855.jpg

 ピレネー通りのイタリア惣菜のお店は、必ず足を止めてしまう魅惑的なお店。お惣菜類はあまり買ったことがないのだけれど、手打ちのラビオリの大ファンなのだ。ここの手打ちラビオリを買ってかえって、オリジナルのソースで食べるというのが、贅沢お昼、今のところベスト1。

 でもこの日は、ちょっとした失敗をしてしまった。ラビオリは、フロマージュとオリーヴと、半分ずつで一人前計ってもらった。ソースに前の日の夕飯の残りのカボチャスープを使い、ホワイトソースカボチャ風味にしてしまったのだ。オリーヴペースト入りのラビオリと、カボチャ味、やっぱり変よね。もしかしたら新しいマリアージュになるかも?なんてちらっと思ってしまった自分が悲しい。せっかくのラビオリが!

 でもこの日は、デザートも買ってきたから気を取り直し。cannoloというシシリア島のお菓子は(写真上)、日本のコンビニデザート丸ごとバナナ(まだある?)を思い起こさせるフォルム。フロマージュブロンとクリームを混ぜた感じのクリーム、(あっ、リコッタチーズだ!)ショコラ、オレンジピール、厚めの、良く焼いたクレープ生地。おいしーい!でも、ひとつ4.5ユーロ! 


by bio-minamina | 2007-02-01 06:59 | Je mange / 食べる
  



      ・・・・・・
by bio-minamina
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28